So-net無料ブログ作成

<ノーベル平和賞>歴代受賞者が集う国際会議、広島開催決定(毎日新聞)

 歴代のノーベル平和賞受賞者が集まる国際会議「ノーベル平和賞受賞者世界サミット」が11月、被爆65年を機に広島市で開催されることが決まった。広島県の湯崎英彦知事と広島市の秋葉忠利市長が28日、発表した。受賞者や関係者ら約100人が参加し、「ヒロシマの遺産・核兵器のない世界」をテーマに討議。核兵器廃絶への願いと道筋を最終宣言に盛り込み、被爆地から世界に発信する。

 サミットは、99〜07年はサミット事務局のあるローマで、08年は世界人権宣言60周年を記念しパリで、09年は壁崩壊20周年を機にベルリンで開催された。11回目の今回、被爆65年の広島がアジアで初めて選ばれた。

 会期は11月12〜14日の予定で、招待者などの詳細は今後、サミット事務局と協議する。最終日には、世界で優れた平和活動を行った人物に「平和サミット賞」を贈り、最終宣言を発表する。

 会期中の11月13、14日には、横浜市でアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議があり、オバマ大統領が出席予定。秋葉市長は「オバマ大統領ら核兵器保有国などのトップにも(受賞サミットを機に)広島に来ていただき、被爆者と対話してもらい、核兵器をなくすことを緊急の課題と考えてほしい」と話している。【樋口岳大、寺岡俊】

【関連ニュース】
<関連写真特集>日本人ノーベル賞受賞者の軌跡
<関連写真特集>広島原爆の日:平和への誓い新たに
<関連記事>オバマ大統領にノーベル平和賞/1 どこを評価した?
<関連記事>ノーベル賞:オバマ米大統領平和賞 「次は訪問」実現を 「激励」「期待の表れ」
<関連記事>ノーベル賞とは

杉並区長、5月末に辞表…参院選出馬の意向(読売新聞)
献血啓発補助金を不正受給 大阪交野・和泉両市 推進協が虚偽報告(産経新聞)
<刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
遺伝性難聴の原因タンパク質を解明 京大病院の研究チーム(産経新聞)
中村真衣さん、「中村米」収益一部を地元に寄付(読売新聞)

<口蹄疫>九州市長会長 総務相に要請(毎日新聞)

 宮崎県で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)に感染した疑いの強い牛の確認が広がっている問題で、九州市長会の釘宮磐(ばん)会長(大分市長)らが17日、総務省を訪れ、原口一博総務相に、患畜の殺処分・埋却経費は全額国が負担▽収入が途絶える農家への一時金給付−−などを求める市長会の緊急決議を手渡した。

 同市長会は13日に開いた総会で10項目の対策を求める緊急決議を採択した。原口総務相と面談した釘宮会長は「全国市長会を通さず、直接お会いして要望するということで急きょ参った」と説明。総務相は「(感染が)種牛まで広がり、私たちも深刻に事態を受け止めている」と応じ、できる限り対応する考えを示した。【笈田直樹】

【関連ニュース】
口蹄疫:対応強化を指示 首相
口蹄疫:対策を関係閣僚に要請 平野官房長官
口蹄疫:種牛も感染疑い 初の殺処分へ
口蹄疫被害:横峯さくら選手、賞金寄付継続へ
口蹄疫:殺処分埋設に16ヘクタール必要…農水省

<水上温泉>若おかみ候補「おいでちゃん」 旅館組合がイメージキャラクター製作(毎日新聞)
「九州持ち回り訓練」提案 首相、5月末決着断念明言(産経新聞)
弁護士法違反容疑で元裁判所職員逮捕 大阪地検特捜部(産経新聞)
<性同一性障害>「配慮を」文科省が都道府県教委に通知(毎日新聞)
全頭殺処分、農家の理解必要=口蹄疫の対策費拡充を―宮崎県知事(時事通信)

石原知事、漫画規制条例の条文修正を指示(産経新聞)

 子供を対象にした過激な性行為を描く漫画などを規制する東京都青少年健全育成条例の改正案について、石原慎太郎知事は7日、定例記者会見で条文の文言が不明瞭(めいりょう)などとして、修正する方針を示した。

 改正案では、服装や背景などから18歳未満と想定できる子供のキャラクターを「非実在青少年」との造語で規定。その性行為を主体とした漫画やアニメ、ゲームなどについて子供への販売、閲覧を規制する。3月議会に提出されたが、著名漫画家や出版業界のほか、日本ペンクラブ、出版倫理協議会などから、「恣意(しい)的な運用の可能性があり、表現の自由が脅かされる」などと猛反発を招き、6月議会へ継続審議となっていた。

 石原知事は改正案を「子供の目につくところに置くなということだけの規制」とする一方、「(条文は)説明不足だ。『非実在青少年』という言葉があるが、何だこれは一体。幽霊の話かと思っちゃう。役人が作るくだらない言葉は世間に通用しない。誤解を受ける文言が悪い。どんどん変えたらいい」と述べ、明瞭な条文に修正するとした。

 都は反対を表明した業界団体や漫画家の竹宮恵子さんらに対して改正案の趣旨を説明したことなどから、6日の都議会総務委員会では条例案の変更はないとしていた。

【関連記事】
石原知事「民主党議員は腰抜けばっかりだわ」
石原知事、漫画規制案で「非実在青少年って何?」
石原都知事の「帰化」発言で民団が抗議
「与野党とも癖のある政治家がいない」 石原知事“救国戦線”に期待
石原知事、首相の弱い性格を指摘「あの人、訳の分からない敬語使う」
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<大型連休>25年ぶり「雨なし」(毎日新聞)
徳之島案表明に3町長「民意は変わらず」(読売新聞)
小掛照二氏が死去=三段跳びの元世界記録保持者(時事通信)
9地点で月間日照時間最少=4月、寒暖の差大きく−気象庁(時事通信)
【徴収の現場 不況下の税金攻防戦】(上)隠し財産 暴きます(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。